つぶやき

4月の転勤に向けて、不動産購入の手続きもほぼ終わり、あとは論文が通ってくれればいいのだが、それはまだ時間がかかりそう。しかも最近、救急外傷に対するモチベーションが下がってきている。

そもそも大学院に来た理由が不純であった。重度な外傷患者が搬送される病院で8年間も働いていたから、外傷治療に興味を持ち、骨盤輪・寛骨臼骨折を将来的にオペできるようになりたいと思っていた。そして、骨盤輪・寛骨臼骨折がオペできる病院、というか、そういう患者が搬送される病院は基本的に地域の中核を担う総合病院である。中堅以降で大きな病院で働いたり、部長職を得るには「医学博士」の称号が必要なことが多い。特に大学の関連病院で働くとなると。それじゃあ、「医学博士」を取るため大学院に入ろう!というのが動機であった。そのためには4年間の研究(必ずしも4年間かけなくてもよいが)で英語の雑誌に論文がacceptされ、かつ大学の審査で卒業を認められる必要がある。

しかし、私は研究という地道で少しずつ結果を積み上げ、しかもそれがうまく結果がでるかどうかわからないことをやる、ということが極めて苦手で好きではなかった。「臨床」という、手術や投薬で患者が元気になるのを結果として毎日のように受け取ることの方が十分達成感があり、満足していたのだ。なので、この4年間は非常にメンタル的に厳しい状態であった。主治医として患者を持つことはなく、手術の執刀もほとんどなくなった。しかも、研究内容は一番避けたかった「腫瘍」の研究である。もともと腹部外科志望であったが、初期研修時代に外科を回っている時、ちょうど小学・中学生くらいの子供を持つ父親や母親が胃がんや大腸がんで亡くなるのを何例も目の当たりにし、「腫瘍」の治療に生涯をかける気力はなくなっていた。毎回、厳しい説明を家族に行い、手術がうまくいったようにみえても、ミクロの転移はその時には見えず、3ヵ月から半年後とかに訪れる。メンタルが持たないと思った。

初期研修2年目の秋になっても、進路が決まらず、思い切って外科の先生に聞いてみた。

私「先生が研修医時代に戻れるなら、何科を選択しますか?」

外科Dr「ん〜、整形かなあ。手術も早めに終わるし、患者が死ぬこともほとんどないし。湿布出したらだいたい治るやん。外科の手術は長いし、腰が痛くなるし、実際コルセット巻きながら執刀してるし。きついのはきついで。でも、そんなん聞いても先生は外科に来てくれるんやろ(笑)」

後日、もともとテニスで普段から交流していた整形外科部長に相談した。

私「先生が研修医時代に戻れるなら、何科を選択しますか?」

整形外科部長「整形やなあ。もともと興味あったし。なんや、まだ決まらないんだったら、俺とシングルスして負けたら整形外科に入れよ。」

その週末にテニスのシングルスをした。0-6でスコスコに負けた。部長は西医体3連覇した時のランキングNo.1だったのだ。年は50前で体力もないだろうとナメていた。私の進路は決まった。

そんな動機で、腫瘍を避けるように入った整形外科。しかし研究は「腫瘍」。自分の気持ちと矛盾することに4年間も向き合うことは厳しかった。しかも、4月からの勤務はなんと「◯◯がんセンター」。

もちろん勉強になるのは間違いないが、自分の予定していた進路とは大きく異なり、これでいいのかという思いが常に心をよぎる。ふと、このまま自分の働き先を人(医局)に決められる人生でいいのかと思う。この1年がいろいろな転機になりそうである。私はもう37歳、しかしまだ37歳である。やろうとおもえば無茶もできる年齢だ。じっくり考えて過ごそうと思う。その際、他人の目は気にしないようにしよう。自分の人生と家族に責任を取れるのは自分だけなのだから。

今のステージの把握と夢の確認

この4月の転勤をきっかけに中古マンションを購入することに。マンション購入は自分の中でハードルが高かった、一生住むわけではないので出口戦略をどう描くか、立地(学区、駅からの距離、変な施設の有無)と金額、築年数、修繕費、騒音、固定資産税などなど考えることが山ほどあるからだ。3年前から収益性不動産には興味あったが、なかなか手を出せずにいた。本当は賃貸併用住宅とか、一棟マンション、アパートなどを購入して、月々のキャッシュフローを作ってから自宅購入と考えていた。大きく道をそれた様に感じるが、今年は現金を作って、いい物件を探すこととする。

「資産規模30億、年間家賃3億、キャッシュフロー毎月1千万」、これは私の夢である。これを達成し、豪華客船、ビジネスクラス以上の飛行機席で世界を巡る。ありきたりだが、私の夢である。必ず達成したい。

人生のステージを考えるときに、

0-20歳:依存、21-40歳:自立、41-60歳:責任、61歳-終活、と言われるが、自分は自立のときである。この時期に挑戦できることはやっておきたい。収益不動産のスタート、医師としての価値の追求である。

今回の中古マンションはSRC10階建の10階角部屋、築15年、99平米、バルコニー30平米、4LDKと5人家族でもなんとかやっていける広さだと思う。最低5年は住んで、それからは引っ越す可能性がある。築20年なら売れるか、売れないまでも賃貸に出して需要はあるとみた。市電、JR2つの駅からも距離は400-500m程度。県庁所在地の駅までも1駅と近い。あとは住んでのお楽しみ☺️ちなみに2580万円、安くはないね。うん。最終的な決め手は中学校で硬式テニス部があるという、なんとも馬鹿げた理由・・・

インターステラー

先日、タイのキャダバーへ行ってましたが、その行きの飛行機内で映画を見ました。2014年の映画でその頃に話題になったのでしょうが、私は見ておらず気になったまま放置していました。それが「インターステラー」です。

ストーリーとしては、異常気象によって人類滅亡の危機が訪れている近未来。元宇宙飛行士で現在はトウモロコシ農場を営んでいるクーパー(マシュー・マコノヒー)は、NASAの要請に応じてラザロ計画に参加することになる。その計画とは、土星付近に発生したワームホールを通り抜けて、新しい惑星へ人類を移住させるというプロジェクトだった。クーパーは娘のマーフィー(マッケンジー・フォイ)に「必ず戻ってくる」と言い残し、アメリア博士(アン・ハサウェイ)、ロミリー博士(デヴィッド・ジャーシー)、ドイル博士(ウェス・ベントリー)と共に未知の銀河系に向けて出発する。果たして人類は生き残ることができるのだろうか?、というものです。

2時間半近くあるので、飽きないか心配でしたが、全然飽きることなく見ることができました。まあ、見せ場の多いこと!バックトゥザフューチャーやインセプションが好きな人はハマると思います。SF要素と家族愛が絡み合い、要所要所で泣けます。キーワードは「重力」、「相対性理論」、「ブラックホール」、「愛」です。

1度見ても十分楽しめるのですが、2回目が見たくなります。その理由も1度見ればわかります。見終わった後、すぐにネットサーフィンして感想や解釈を検索しました。共感が得たいんですよね・・・そして解説が非常にわかりやすいサイトを見つけたので貼っておきます。http://matomenai.info/interstellar/

ん〜、久々に面白い映画を見ました。Amazon primeで週に何本かは映画を見ているのですがなかなか残る映画ってないですよね。思いだせる範囲ですが、これは私の中で5本の指に入りました( ^∀^)

自分の子供に見て欲しい映画

①バックトゥザフューチャー

②フォレスト・ガンプ

③最高の人生の見つけ方

④ショーシャンクの空に

⑤インターステラー

以下のリンクから入って買い物するといろいろポイントがついてお得です。

旅行やふるさと納税なんかも普通にするよりここから入って探すとダブルでポイントがついたりするのでいいかも。

http://pc.moppy.jp/entry/invite.php?invite=mmj5e1f3

「SPLASH BACK」と「DICEWARS」と「スマートフォン症候群」

駄ネタです。

私がインターネットを始めたのは大学に入学してからですから、15年ほど前からでしょうか。ネットに溢れる膨大な情報を前に、ネットサーフィン、オンラインゲーム、Yahooオークションなどにハマっていました。その当時、飽きずにハマっていたFlash gameを昨日、偶然見つけてしまいました。

なんてこった・・・

論文作成が進まない・・・

いや、何も考えられない・・・

私を当時も今もダメ人間にしてしまう、いや、してしまった「SPLASH BACK」と「DICEWARS」がそれです。

https://www.gamefools.com/onlinegames/free/splashback.html

ルールはとても単純で、グリッドに置かれた大小様々な水玉を、クリックすることで大きくしていき、4段階まで大きくすると破裂して、その破裂した破片が上下左右の水玉を1段階大きくするのです。連鎖の音が快感です。

しかし、レベルが上がるにつれて水玉の配置が凶悪になってくる。
いちばん小さい水玉ばかりで、何度もクリックしないといけない。
1回クリックするごとにメーターの数が減っていき、0になるとゲームオーバー。
そんなわけで、なかなか先に進めないのがもどかしい。

実際にやってみると、面白さがわかってくると思います。
高度な戦略性は必要ないですが、ちょっとだけ頭をつかうところがミソ。
私はレベル30で止まっています。

そして、「DICEWARS」

http://www.gamedesign.jp/flash/dice/dice.html

ルールは簡単です。コンピューターと対戦して自分の番(紫色)になったら、自分の陣地と進みたい陣地をクリックするだけ。
さくさく進みます。

さいころを振って大きな目が出れば勝ちですが、さいころの数が多いほど有利です。陣地が増えるほど、ターンごとに増えるさいころの量も増えていきます。全てのマスを自分の色(紫色)で埋め尽くせば勝ちです。

2つとも単純です。それがゆえに、ハマると抜け出せない。1度にする時間は短くても、一度ハマると毎日少しずつやってしまうのです。

 

思えば、携帯ゲームを始め、このように人生にとって何の役に立たないことをなぜ人間はしてしまうのでしょうか。電車に乗っていて、ポケモンGOや、つむつむをやっている明らかに60歳超えのおじさん、または逆に若い人。昔であれば、電車の時間は寝ているか、本を読むか、おしゃべりするかのほぼ3択しかなかったんじゃないでしょうか。そこに携帯ゲームが入り込み、読書やおしゃべりのコミュニケーションの時間は削られ、スマホの長時間の使用により生じる、『スマートフォン症候群:肩こりや首のこり、腱鞘炎、眼精疲労、視力低下、ドライアイなどの症状の総称』の原因となっています(でもLINEも立派なコミュニケーションツールですね)。

ゲームなんてけしからん、とか言っていた昭和のおじいさんはもういません。今の60歳代の人たちは、その昔インベーダーゲームにハマっていた人たちですから。

たぶん、私も60歳になっても何かしらのしょーもないと言われるゲームをやってしまうんでしょうね。それが人間だと思って、あえて逆らいません。

 

2018.9.1 ここから・・・

迷える整形外科医 ku-manです。

30を過ぎて、仕事やプライベートでの悩みや葛藤、解決策、その時感じたことなどを残さないのはもったいない、と思うようになりました。昨年、小林麻央さんが亡くなられた時に、ブログに残された言葉で救われる人がいたり、その時感じたことを日記のように残すことは決して無駄ではなく、自分に対しても含めて何かに役立つことがあると感じました。

日々勉強したことなどもメモ帳のようにまとめていきたいと思います。

将来的には、子供達が自分の親がこの時にこんなことを考えていたんだなあと、知ってもらうのもいいかとも思います。

いくつか、考えていることはありますが、まず

①やってみたシリーズ(このブログ作成も含め、やってみた、どうだった、、、反省、みたいな)

②資産形成の方法・研究

③臨床のあれこれ、

などですね。

整形外科医が書くブログは本当に最近たくさんあるので、目立とうとか、一旗あげようという気概はありません。ただ最近は、同じ場所でいるのも飽きてきたので、ブログだけでもふわっと世界中どこでも届くようにすることで精神的に遊んでみたい年頃です。

早速ですが、今回のブログを立ち上げるに当たって参考にしたサイトを貼っておきます。本当にこのサイトのまんま、立ち上げてみました。

http://cycle-japan.com/wordpress/

Nature Driveさん、勝手ながらありがとうございました。