造影剤使用時の医師による観察って・・・

今日はネーベン先で当直です。下腹部痛の患者さんが来たので、腹部大動脈瘤などの除外のため造影CT撮影を施行しました。

すると、この病院では撮影中ずっと検査室に入って患者のそばについているとのこと。えっ・・・被曝するやん

「そばにいる」、聞こえはいいが、私はこれ絶対反対派です。今勤めている大学病院の救急部でも同じようなことやっています。しかも人工呼吸器がついている患者では単純CTでも立ち会うので意味がわかりません。検査中だけでいいから簡易型の人工呼吸器に付け替えればいい。ずっと医師がアンビューバックを押し続ける必要はないと思うのですが・・・

造影CTを行う際に医師や看護師が立ち会う理由は主に2つです。造影剤が急速に静注されるので血管漏れを起こす可能性がある、もうひとつは造影剤によるアレルギー、これらに迅速に対処するためです。

血管漏れのことがあるので最初の数秒はそばにいてもいいと思いますが、血管漏れがなければ即座に退室し、操作室で待機すべきです。そもそも操作室に検査室が見えるモニターとかありますし。

今日は数秒だけ血管を触れて確認し、即座に操作室へ避難しました。これで何の問題もないと思います。

なぜ私がここにこだわり、また腹が立っているかというと、理由は2つあります。ひとつはCT被曝が単純レントゲン撮影とは異なり、放射線量が多いということ、もうひとつは医療従事者の犠牲心が当たり前になり周囲に無言の圧力をかけていることです。

まず線量ですが、以下の図がわかりやすいと思います。

http://blog.rakuwa.or.jp/rkk/archives/279より抜粋

胸部単純レントゲンは0.3mSv, CTはだいたい7mSvです。そしてガンのリスクがあると言われているのは200mSvを超えたあたりからです。つまり、毎回検査室に入って患者さんのそばにいると30回も付き添えばアウトです。大学の救急では人工呼吸器をつけている患者さんが多いので、毎回付き添う医師が重なると年間で30回は余裕で超えますね。しかもこれを不思議と誰もおかしいと思っていない。看護師に意見を聞いて、「医者ですからねぇ。。。」と言われて、心で悲鳴をあげた。

ん〜、私の感覚がおかしいだけですかね。整形外科の手術ではよく透視を使うので被曝はつきものですが、極力放射線を浴びる量を少なくするように努めています。プロテクターで体幹は守れても四肢、顔面はむき出しですからね。

たまに爪に黒い筋が入っている整形外科医がいますが、たいてい脊椎外科医か、手の外科医です。メラノーマの初期に似ている症状なので笑えません^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です